立食形式のパーティーで気を付けたいこと

居酒屋やバーで催されるパーティーや飲み会の中には、
テーブルに座るものだけではなく立食形式を採用する光景も、
最近ではよく見られるようになりました。
 

 

ダイニングバーやフレンチ風の居酒屋など、
おしゃれな雰囲気のイベントを開催するのに
打ってつけなお店が増えてきたからです。

 

立食形式に慣れていないと、
パーティーの最中どのように振る舞ったらよいかわからないという人も多いと思います。

 

今回は、居酒屋やバーで立食形式のイベントに参加したとき
注意したいポイントについてご紹介します。

 

立食形式の良い点は、椅子に固定されないため
多くの人とコミュニケーションをとれることです。

 

美味しい料理が並んでいると思いますが、
そればかり食べていては立食形式のメリットを
生かせないまま時間が過ぎてしまいます。

 

あまり会話をしたことが無い人や初対面の人に対しても、
この機会を活かすつもりで話しかけてみましょう。

 

料理が並んでいるテーブルの前で長い時間話していると、
他の人が料理をとるとき邪魔になってしまいます。

 

少しの時間であれば問題ないかもしれませんが、
会話が盛り上がってきたと感じたら
「あちらの方でゆっくりお話ししましょう」といった感じで場所を移すのがスマートです。

 

立食形式のお食事で気を付けたいのが、グラスの管理です。

 

サイドテーブルに料理やグラスを置いて会話していると、
いつの間にか自分のグラスがどれかわからなくなってしまうことがあります。

 

これを予防するには、
グラスメーカーと呼ばれるグッズを用意しておくのがおすすめです。

 

立食形式であることが事前にわかっているときは、
こちらを用意しておくとグラスを取り違える可能性が少なくなります。
会話と料理を楽しんで、立食形式のイベントを充実させましょう。