居酒屋での接待で気を付けたいこと

会社に勤めていると、取引先相手や会社にとって重要と思われる人物を接待するという場面に遭遇することがあります。
接待はおもてなしの心と誠意を見せて、相手に気持ち良く過ごしてもらうことが何よりも重要です。

 

そこで今回は、接待におけるマナーや接待で利用したい居酒屋の特徴をご紹介します。
接待では席次によってこちらの歓迎の意を表することも重要な儀式です。
テーブル席の場合は出入り口から最も遠い場所が上座となっており、おもてなしを受ける方にはそこに座ってもらうのが一般的です。

 

和室で接待をする際は、床の間に一番近い席が上座です。
また、和食でのおもてなしでは先に着席しておくのがマナーとなっています。
接待相手と乾杯をした後は、グラスの中の飲み物や取り皿の中の料理が空になっていないかという点に常に気を配りましょう。

 

接待中の歓談では相手の趣味や嗜好を調査したうえで、気持ち良く過ごしてもらえるような話題を選んでください。
会社の中に接待相手と趣味が同じ人間がいるのであれば、座に呼んで会話をリードしてもらうというのも一つの手段です。

 

接待で利用する居酒屋は高級感と清潔感を優先して選びましょう。
いくら食事やお酒が上質でも、寛いで過ごしたいと思える雰囲気が揃っていない限り接待には向いていません。
 

 

また、アクセスについても考慮してください。
接待する側が送り迎えをするのであれば別ですが、そうでない場合は相手側の家に近い場所を選ぶのが必須といえます。
接待を成功させるためにも、マナーの徹底やお店選びに尽力しましょう。