マナーを守って楽しい飲み会に

仕事帰りに上司とお酒を飲む、忘年会などのイベントに参加するなど社会人になると仕事とプライベートの中間に当たるお酒の席が増えてきます。
そんなときに注意したいのが飲み会でのマナーです。
マナーを守れないと自分が恥ずかしいだけでなく周囲の人を不快な気持ちにさせてしまうこともあるのです。

 

今回は、飲み会に参加したときに恥をかかないためのマナーについて詳しく見ていきましょう。
飲み会における欠かせない行事が乾杯です。
当然のことではありますが、運ばれてきた杯は自分より立場が上の人に優先して配ります。
そして、上司に挨拶を賜った後、乾杯と言いながらグラスを掲げます。

 

このとき注意したいのが、上司などの立場が上の人よりも高くグラスを掲げてはいけないという点です。
小さいポイントですが、こういったところを積み重ねるのがマナーを守ることに繋がります。
飲み会の最中に気を付けたいのが、グラスの中にお酒が入っているかという点です。

 

上司のグラスが空になっていたら、すぐに店員を呼んで新しい飲み物を注文しましょう。
瓶ビールや徳利がある場合は、それを持ちながら「お注ぎしてよろしいですか?」と尋ねてください。
瓶ビールを注ぐ際は、ラベルを天井に向ける形で瓶を傾けるのがマナーとなっています。

 

上司に注ぎ返してもらう際には、グラスを両手でしっかりと持ちましょう。
注いでもらった後は、「ありがとうございます」と感謝を伝えて必ず口をつけます。

 

お酒が飲めないという人がいた場合には、ソフトドリンクを注文してあげてください。
お酒を飲む人だけなく、参加者全員が楽しめるような飲み会にするためにもマナーをしっかり頭に叩き込んでおきましょう。