居酒屋で食べたい季節料理

スーパーの食品売り場を歩いてみると、旬の食材が売り出されていることがよくありますよね。
季節の変化が激しい日本では、旬の食材を美味しくいただくことが出来ます。
居酒屋においても同様で、お酒と共に季節料理を口にすることが至福と感じる人もいることでしょう。

 

今回は、居酒屋で食べていただきたい季節の料理をご紹介します。
穏やかな風が身を包む春は、多くの野菜や魚が旬を迎えます。
魚類では川魚のヤマメがおすすめです。

 

渓流を泳ぐことで培った引き締まった身は、ぎっしりと詰まったボリュームが魅力です。
居酒屋では塩焼きとして提供される光景をよく目にします。
日本酒や焼酎など、繊細な味わいのお酒と共に召し上がってみてください。
 

 

夏に旬を迎える食材としてはキュウリをご紹介します。
猛暑と呼ばれる日が毎年のように訪れる日本の夏において、身体を冷やしてくれるキュウリは欠かせない野菜ですよね。

 

シンプルな味わいなので、浅漬けをはじめとした漬物で楽しむのがポピュラーです。
もずくやわかめといった海藻と和えたサラダや、もやしと絡めたナムルなど様々な形で居酒屋のメニューとして採用されているのでぜひ食べてみてください。
秋の味覚といえば、キノコは外せません。

 

獲れたてのキノコは豊かな風味が魅力です。
この風味を活かしつつ、火を通すことで高まる旨味を味わうにはてんぷらがおすすめです。
マイタケやエリンギ、エノキといった定番のキノコも天ぷらにすることでいつもとは違った味わいに変化します。

 

サクサクとした衣の感触をビールで洗い流すように飲み込む。
お酒好きの方には堪らないですよね。
居酒屋を訪れた際にはぜひ季節料理を注文してみてください。