居酒屋で本格的なフルコースを

居酒屋で提供される料理は、日々進化しています。
 
和食や中華料理はもちろんのこと、
最近では高級レストランにも負けないほど本格的な
フルコースを堪能出来る居酒屋も少なくありません。

 

お値段の方も、居酒屋というだけあって大変リーズナブルです。
恋人とのデートや夫婦の記念日など、
アニバーサリーをお祝いするときにピッタリな居酒屋といえます。

 

こうした居酒屋を訪れたときに恥をかかないためにも、
フルコースを食べるときの注意点について確認しておきましょう。

 

洋食を食べるとき、ナプキンの扱いに困ったという経験はありませんか?
基本的には2つ折りにした状態で膝の上に乗せておきます。
首元に下げるのではなく、あくまで口が汚れたときに拭うための布です。
折り目を自分の側に向けるようにすると使いやすくなります。

 

マナーとして考えたとき、前菜やスープを味わっている最中に
パンを食べるのはあまり良くないとされています。
実際にパンを食べるときは、必ず一口ずつちぎってください。

 

バターナイフを使ってバターを塗って食べるのが一般的ですが、
メイン料理についているソースをパンにつけて食べるのもマナー違反ではありません。
そのときには、フォークにパンを指してからお皿の上を撫でるように動かし、
ソースをパンに付着させます。

 

骨付きの肉料理でも、
ナイフで肉を削ぎ落してから食べた方が上品な印象になります。
左手で骨の部分を持って、ナイフで少しずつお肉を剥がしていきましょう。
骨に沿ってナイフを入れるとお肉が切れやすいのでお試しください。
削ぎ落したお肉をさらに一口サイズに切ってからお口へ運びます。

 

以上のようなマナーをしっかり理解したうえで、
フルコースを提供する居酒屋を楽しみましょう。